武蔵小杉・中原区の整体なら肩こり・腰痛・骨盤矯正のカイロ鉄庵 > 不定期健康コラム> 夏の皮膚トラブル

夏の皮膚トラブル

受付

関東地方も梅雨が明け、ますます暑さが厳しくなってきました。

熱中症に注意が必要です。

特に高齢者は、暑さやのどが渇く等の感覚が弱まっているため、脱水症状に気づきにくく、熱中症を起こしやすくなります。

熱中症は屋外だけでなく、高温多湿の室内で過ごしているときにも多く発生しています。

こまめに温度をチェックし、十分な水分補給を心がけましょう。

ただし、水だけを補給すると体内のナトリウム濃度が薄まってしまい、それをとり戻そうとして尿から水分を排泄させるため、かえって脱水になってしまいます。

汗で失われる塩分(ナトリウム)もしっかり補給することが大切です。

また、トマト、キュウリ、ピーマン、ナス等の夏野菜は、体を冷やす作用があります。

暑い夏を快適に過ごすためにも、旬の夏野菜を積極的にとるようにしましょう。

今回の健康コラムは真夏の皮膚トラブル予防です。

夏は紫外線や汗等で皮膚への負担が大きい季節です。

皮膚炎やかゆみ等の皮膚トラブルが起こりやすくなるので、快適な夏を過ごすためにもしっかり対策を行いましょう。

夏に起こりやすい皮膚トラブルって?


肌を露出する機会が増える夏場には、皮膚は常に刺激にさらされています。

多量の汗は乾燥すると結晶となり、汗に含まれるナトリウムや尿素が皮膚を刺激し、炎症を起こす原因となります。

さらに、紫外線による皮膚の免疫力の低下と高温多湿により、細菌や真菌(カビ)が繁殖し、皮膚の感染症を招きやすくなります。
<代表的な皮膚トラブル>

○強い紫外線が原因となるもの
・日光皮膚炎(日焼け)
皮膚が紫外線の刺激を受けることで起こる。
皮膚が赤くなってヒリヒリ痛む。
皮膚の細胞を傷つけ老化を早めたり、皮膚がんを発生させたりすることもある。

・光線過敏症(日光アレルギー)
日光にさらされた部分に湿疹が現れる。
腫れて水ぶくれができたり、かゆみが生じることもある。

○多量の汗が原因となるもの
・汗疹(あせも)
多量の汗によって汗管が詰まって、かゆみを伴う赤いブツブツができる。

・アレルギー性接触皮膚炎
汗によりアクセサリー等の金属がイオン化し、皮膚のたんぱく質と結びつくことで生じるアレルギー反応。
かゆみや肌荒れを起こす。

・アトピー性皮膚炎の悪化
アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が弱っているため、多量の汗により炎症やかゆみ等の症状が悪化しやすくなる。

○菌への感染が原因となるもの
・とびひ
黄色ブドウ球菌、レンサ球菌等の細菌が、バリア機能の弱まった皮膚に入り込み、感染して発症する。

水ぶくれやかさぶたができ、それが飛び火のように広がっていく。

・水虫
カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が、皮膚の角質層に感染することで起こる。

白癬菌は高温多湿の環境を好み、汗や汚れが残るアルカリ性の環境も感染しやすい状態となる。
かゆみや皮膚のただれ等の症状が現れる。

皮膚を守るためには?

○汗や汚れをこまめに洗浄しましょう
汗をかいたまま放置すると、皮膚にダメージを与えたり、雑菌が繁殖しやすくなるため、皮膚を清潔に保ちましょう。

・汗をかいたら、なるべく早く柔らかいタオル等でふき取る
・毎日きちんと体を洗う
・皮膚への刺激の少ない石けんを使用する
・ゴシゴシこすらず泡で体を洗うようにする
○夏の「隠れ乾燥」をケアする
1日の大半をエアコンの効いた環境で過ごすことや、強い紫外線を浴びることで皮膚は乾燥し、バリア機能が低下しやすくなるため、しっかり保湿をすることが大切です。
・乾燥を感じたときには、1日何度でも保湿する
・入浴後は乾燥しやすいので、保湿は特に重要
・乾燥しやすい部位(頭部、顔、手、足)は特に注意する

○紫外線によるトラブルを予防する
・肌の露出を控える。衣類は濃い色で、UVカット加工されたものが良い
・日傘や帽子等も有効

身体の中から紫外線対策&スキンケア

紫外線は体の免疫力を低下させてしまいます。また、日焼けによって体は疲労してしまうので、栄養と休息をしっかりとりましょう。

○βカロテン
シミやシワの生成を抑える働きがあるといわれています。
にんじん、かぼちゃ、トマト等の緑黄色野菜に多く含まれています。

○ビタミンC
紫外線を浴びた皮膚がメラニンをつくるのを抑える働きがあります。
レモン、オレンジ、アセロラ等のかんきつ類、じゃがいも、レバー等に多く含まれています。

○ビタミンE
抗酸化作用が強く、末梢血液循環を改善する効果や、皮膚の新陳代謝を活発にする働きがあります。
ほうれん草、ブロッコリー、ニラ、アボカド等に多く含まれています。


ご予約

予約
tel
お問い合わせ
(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。
バックナンバーはこちら

ページトップ