武蔵小杉・中原区の整体なら肩こり・腰痛・骨盤矯正のカイロ鉄庵 > 不定期健康コラム> パソコンスマホの目の疲れ

パソコン・スマホの目の疲れ


vdt症候群

近年、目の疲れを訴える人が増えています。

特に、パソコン作業に長時間携わる人に多く、VDT症候群(パソコン等で作業をし、ディスプレイを見続けることが起因となって生じる健康障害の総称)は社会問題ともなっています。目がかすむ、目が疲れる、しょぼしょぼする、目の奥が痛む、目が重い、等が主な症状です。

パソコン作業で目が疲れる原因のひとつとして、ディスプレイの光に含まれるブルーライトによる目への負担が挙げられます。

ブルーライトとは?


ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中で最もエネルギーが強く、眼の奥の網膜まで届く、波長が380〜500nm(ナノメートル)の青色光のことです。
 
今のテレビやパソコン、スマートフォン、携帯ゲーム機等の液晶画面にはLED(発光ダイオード)がバックライトとして使用されていることが多く、ブルーライトを強く発生させています。

このブルーライトに目をさらし続けると、網膜が傷つく恐れや、生体リズムへの影響、頭痛等の症状に発展する可能性もあると考えられています。

ブルーライトの身体への影響


LEDディスプレイの普及によりブルーライトに接触する機会が増え、体に与える影響が懸念されています。
●目への影響
・紫外線に近い性質のブルーライトに長時間接した場合、網膜に変性が起きる可能性が考えられます。それにより、目の疲れやかすみ、ドライアイの原因になることや不定愁訴、あるいは頭痛等の症状に発展する可能性が考えられています。
●生体リズムへの影響
・現代人の生活環境では、室内照明のほか、夜間にパソコンやゲーム、テレビ、携帯電話といった光源からの光刺激に曝露されており、これらが不眠や生体リズムの狂いに影響を与えているのではないかと考えられています。
●その他の影響
光刺激とさまざまなホルモン分泌の関係が認められてきており、自律神経等の神経系から、脳機能への影響等、ブルーライトの健康への影響について今後注意深く研究していくことが必要と考えられます。
※ただし、ブルーライトを長時間見続けるライフスタイルは、ここ数年の間に広まったもので、体への影響はまだ予測の域を超えていないのが現状です。

VDT症候群の予防方法


最近では、ブルーライトをカットする特殊レンズを使用したメガネや液晶保護フィルム等が多く登場しており、注目を集めています。
 
それ以外にも、目を守るために下記の点に注意しましょう。
●1時間に10分程度の適度な休息を取り、また軽い体操をして体をほぐしたり、遠くの景色を見て目の疲れを取る

●モニターが目線に対して下側になるように設置して、涙の蒸発と目の乾燥を防ぐ
 
●目とモニター画面の距離を40〜70cm離す
 
●室内の照明環境のバランスを保つ
・部屋の明るさ、画面の明るさ、手元の明るさの調整をし、差があまり出ないようにする
・窓からの光や、照明の光がモニターに映りこまないようにする

●適切な姿勢を心がける
(不自然は姿勢を続けると、目の疲れ、肩こり、腰痛等を招く)
vdt症候群いい姿勢

スマートフォンによる疲れ目対策

スマホ目の疲れ
スマートフォンやタブレットが急速に普及し、毎日の生活の中で必要不可欠となっていますが、目の疲れや痛み等を感じることはありませんか?

使用時間の増加にともない、知らず知らずのうちに目を酷使しています。

目を酷使することで、目の疲れや痛みだけでなく、肩こりや頭痛、吐き気、めまい等をはじめ、さまざまな体の不調を引き起こす可能性もあります。

目の疲れや肩こり等、体に異常を感じている方は、スマートフォンの使い方に気をつけましょう。

スマートフォンの目への影響

毛様体筋
●小さい画面の文字を見続けることにより、視点のピントを合わせる毛様体筋に負担をかける

●手に持って使用するため画面が動きやすいうえにスクロール等で素早く動く文字を読もうとするため、まばたきの回数が減り、目が乾燥しやすくなる

●画面から発せられるブルーライトは、目の網膜を傷つけ、疲れや痛み、眼病の原因になる(パソコンに比べて目と画面の距離が近く、ブルーライトの影響を受けやすい)

これらの状態が続くことにより、視力低下やドライアイ、早期の老眼、網膜異常、緑内障、加齢横斑変性等眼病の原因になり、失明のリスクも高くなります。

疲れ目の予防&解消法

リラックスタイム
●1日の使用時間を把握し、使い方を見直す
 (暇つぶしでの使用や長時間のゲームは控える)

●目から画面までの距離を少なくとも40cmは離して使用する

●ベッドで横になっての使用は、目への負担が大きいため控える

●画面の明るさを周辺の環境に合わせて刺激の少ない明るさに調節する

●画面にブルーライトカットのフィルムを使用する

●定期的に目を休める
 (5分に1度くらいは画面から視線を外して遠くを見るようにする)

●歩きながらの使用はしない

●就寝前の使用は、睡眠障害の原因になるため使用しない

●蒸しタオルで目の周りを温め、血行を良くする

●目の周りを親指で軽くマッサージし、血行を促す
ブルーベリー
●目に良い栄養素を取り入れる

・ビタミンB1やB12は、視神経の働きを高めて視力の低下を防ぐ効果がある

・ブルーベリーに含まれるアントシアニンには抗酸化作用があり目を保護する作用がある

・ほうれん草やブロッコリーに含まれるルテインには、網膜のダメージを防止する作用がある

・βカロテンは、目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ作用がある


スマートフォンの長時間の使用は、目だけでなく首や肩の筋肉にも負担をかけ、体のさまざまな不調の原因になります。

スマートフォンの良い部分、悪い部分をしっかりと見極めて上手に使いこなしてきましょう。

スマホ巻き肩って?


スマホ巻き肩

巻き肩とは、両肩あるいは片方の肩が普通より前に出て、体の内側に丸まる状態のことです。

この図にあるように、スマホをのぞき込むことでこのような姿勢になることを「スマホ巻き肩」と呼んでいます。

スマホ巻き肩チェック


スマホ巻き肩になっているかどうか、以下の方法でセルフチェック可能です。

壁に後頭部、両肩、かかとをつけて立ちます。

両肩が壁にぴったりつけばOK。

肩と壁に数センチの隙間(すきま)ができるならば、スマホ巻き肩の可能性があります。

猫背チェック

スマホ巻き肩はどうして身体によくないの?


スマホ巻き肩の状態を、長時間/日常的に続けると肩や胸、首の後ろの筋肉がその状態で固ってしまいます。

逆に、背中の筋肉は伸びて弱まります。

つまり、恒常的に猫背になっている状態が自分の「楽な姿勢」として身体が認識してしまうのです。

このような状態がつづくと、筋肉が硬直して血流も悪くなり、肩や首のコリに悩まされることになります

さらに、この姿勢では首が伸び、顎(あご)が突き出てポカンと口が開く状態になります。

この状態がつづくと、無理して口を閉じるとこめかみや口の筋肉が常にこわ張り、口を開け閉めすると痛みが伴う顎(がく)関節症になります

また、喉が伸びることでモノがのみ込みにくくなる嚥下(えんげ)障害を招く恐れもあります

この姿勢を続けると、多くの神経が通る首にも常に負担がかかることから、目のかすみや耳鳴り、片頭痛等に悩まされることもあります

また、肩が丸まっていると、胸や背中の筋肉が硬くなっているので腕が上がらなくなる「五十肩」と同じ症状に悩まされることもあります

スマホ巻き肩になると、呼吸が浅くなります。

これは、肺を膨らませたり、しぼませたりする横隔膜が圧迫されて動きづらくなるからです。

スマホ巻き肩になる姿勢では浅い呼吸しかできず、体の不調を招きます。

いつもスマホ巻き肩の人は日常的に『ゆるい酸欠状態』が続いているといえるでしょう。

体内に取り込まれたブドウ糖は、酸素が少ないとうまくエネルギーに変換されません。

つまり、スマホ巻き肩で取り込む酸素量が減ると、全身の疲れを感じやすくなります

酸素が減れば頭もボンヤリするし、脂肪を燃やすのに必要な酵素の働きが鈍り太りやすくなります

浅い呼吸で横隔膜の動きが乏しくなり、横隔膜の下にある腸に与える刺激が減って便秘を招く恐れもあるのです

************************************

肩こり等で来院される方の多くは、長時間のスマホやPC作業をされています。

PC作業は我々が考えるより、目に負担をかけているようです。
目を守る生活を取り入れることで、肩こりや頭痛のない体を手に入れましょう。

ご予約

予約
tel
お問い合わせ
(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。
バックナンバーはこちら

ページトップ