『牛乳はモー毒?』 美健ガイド社


牛

コメント:

みなさん牛乳を飲んでも、カルシウムは吸収されないってご存知ですか。

私も小さいころから、牛乳は体によい、カルシウムが補給できて骨を丈夫にすると聞いて育ってきました。

毎日健康のために牛乳を飲まれている方も多いのでは。

この本は、そんな食生活を見直すきっかけになるかもしれません。
**********************************
<<牛乳を飲んでも骨は丈夫にならない>>

日本人の腸は、もともと牛乳のカルシウムを吸収するために必要なラクターゼという酵素が少ないのです。

この酵素は加齢によって不足し、せっかく牛乳を飲んでもカルシウムはほとんど排泄されてしいます。

世界で一番牛乳を飲んでいる国はノルウェー。

ところが、ノルウェーの骨粗しょう症発生率は日本の5倍ということです。

日照時間が短いことも関係していることと思いますが、牛乳を飲むことと、カルシウムを摂取することとは関係ないという証拠かもしれません。

<<牛乳を飲むと生活習慣病になる>>

戦後牛乳を飲むようになってから、「脳血管障害」「がん(悪性新生物)」「心臓病」の三大疾患が増えてきたとのことです。

牛乳等の動物性脂質が多く含まれる食品を摂取すると、悪玉コレステロールが増え、血管壁の内側にたまり、動脈硬化を引き起こすからです。

牛乳メーカーが「無脂肪」「低脂肪」等牛乳の乳脂肪分を調整して販売しているのは、この事実を踏まえてのことかもしれません。

近年厚生労働省も、公立保育園の牛乳給食の量を減量(200ml/日→80ml/日)するよう指導しているとのことです。

<<人間が牛乳の飲むのは不自然>>

母乳は人間の血液からできています。

母乳になる血液と脳に運ばれる血液に違いはありません。

他方、牛乳も牛の血液からできています。

牛の血液からできている牛乳を、人間がとるのは不自然なことといえます。

自然界で、他の動物の乳を摂取しているのは人間だけです。

**************************************************
この本を読んで、私もにわかには信じられない気持ちでした。。。

ただ、いつのころからか我が家の冷蔵庫にも牛乳が並ぶことはなくなりました。

この本を読む前のことですから、加齢によって牛乳の乳脂肪を分解しにくくなってきているのを、無意識に感じたのかもしれません。

工業的につくられている製品は、企業やそれを取り巻く業者の思惑がうずまいているものです。

宣伝文句に踊らされないよう、気をつけていきたいものですね。

ご予約

予約
tel
お問い合わせ

(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。

バックナンバーはこちら

▲ページトップに戻る

ページトップ