武蔵小杉・中原区の整体なら肩こり・腰痛・骨盤矯正のカイロ鉄庵 > 推薦図書 >いきいき呼吸 活き活き人生 心と身体が元気になる幸せ呼吸法

『いきいき呼吸 活き活き人生 心と身体が元気になる幸せ呼吸法』


呼吸


コメント
皆さん、5:5:25の法則をご存知でしょうか。

これは、呼吸を「5」分、水を「5」日、食料を「25」日摂取しないと、生命活動を維持できなくなるということです。

ここで着目していただきたいのは、呼吸、水、食料(栄養)のなかで、呼吸が生命活動維持に最も早く影響を及ぼすということです。

水や食料(栄養)については、皆さんも日々気をつけていることと思いますが、呼吸についても同様に気を配ってはいかがでしょうか。

■呼吸とは

・食べ物は体のなかで、たんぱく質はアミノ酸に、糖質はブドウ糖に脂肪は脂肪酸等に分解されます。

・その際、細胞ないのミトコンドリアが、ブドウ糖や脂質と酸素を反応させエネルギーを作り出しています。

・この反応を酸化と呼びます。モノが酸化するときには必ず二酸化炭素が発生します。

・このように、酸素を消費し、二酸化炭素を吐き出す息の出し入れを呼吸と呼びます。

・また、ミトコンドリアはエネルギーを発生させると同時に、強い酸化力をもつ活性酸素も作り出します。

・活性酸素は、正常な細胞を傷つけたり、老化を早めたりします。

・他方、体内に侵入した細菌や病原菌を攻撃してくれる良い面もあります。

■腹式呼吸の効用

・呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。

・胸式呼吸は、肋骨が広がったり縮まったりして行う呼吸、腹式呼吸は主に横隔膜を引き下げたり引き上げたりして行う呼吸のことです。

・特に腹式呼吸には以下のような効用があります。
・自律神経を安定させる
・お腹にある太陽神経叢を刺激し、自律神経を安定させるはたらきがあります。

・通常自律神経はコントロールすることができませんが、意図的に自律神経にはたらきかけることができるのは呼吸だけです。
・内臓機能の亢進
腹筋が内臓をマッサージするようなはたらきをすることで、内蔵機能が亢進します。
・新陳代謝の促進
たくさんの酸素を取り入れることで、体の新陳代謝がよくなります。

■呼吸法

・呼吸をするときには以下の2点に気をつけてください。
・鼻呼吸をする
本来、鼻は呼吸をする器官、口は食べ物を摂取する器官です。
・吐く息を意識する
・人間は息を吐くと自然に吸うようにできています。

・また、吐く息は「副交感神経」吸う息は「交感神経」を刺激するといわれています。

・ストレスフルな現代社会では、吐く息を意識したほうがよさそうです。

■呼吸裏技

・ヨガでは、右の鼻で息をすると交感神経を活性化し、左の鼻ですると副交感神経を刺激し、心身をリラックスさせる効果があると考えられています。


・仕事中にリラックスしたいときには、右の鼻を押さえて左の鼻で意識して呼吸してみてはいかがでしょうか。周りに気づかれずにできるのでお勧めです。

ご予約

予約
tel
お問い合わせ

(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。


バックナンバーhはこちら

▲ページトップに戻る

ページトップ