失われた物語を求めて―キッチンテーブルの知恵 [単行本]

レイチェル・ナオミ リーメン (著), Rachel Naomi Remen (原著), 藤本 和子 (翻訳)
ナオミ

コメント:
・作者のレイチェル・ナオミリーメンさんは、ユダヤ系アメリカ人。

・15歳のときに、難病のクローン病との診断をうけ、40歳までは生きられないと宣告されたとのことです。

・しかしながら、医師の家系にうまれた彼女は、自らも小児科医となり、7回の手術をうけながらも、大学の医学部で教授までつとめました。

・この本は、彼女が医師として医療の現場で感じたこと、特に医療現場での「癒し」の不在と、クローン病の闘病のなかで自らが気づいた、人間のライフフォース(自然治癒力)の存在について、エッセイ風に書かれています。

・この本を読むと、人間は連綿とつづく生命の流れの中で生かされていることや、こころと体の密接な関係等について考えさせられます。

・また、医師が患者に与えることができるのは、医療技術だけでなく、個人個人の物語に耳を傾けてあげること、そして共感することが、医療以上に重要であるとのことです。

・対話の力、癒しの力が、人間の「自然治癒力」を引き出すのに重要なのですね。

・この本はアメリカでもベストセラーとなっているとのこと。

・いままでの生き方を振り返るきっかけを与えてくれた本でした。お勧めです。

ご予約

予約
tel
お問い合わせ

(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。


バックナンバーはこちら

▲ページトップに戻る

ページトップ