『37℃のふしぎ 』美腱ガイド社

体温

コメント:

近年、生活習慣の変化等から、平熱が35度台の低体温の人が増えているようです。

また、子供の基礎代謝量も、年々おちているようです。

低体温は怖い

低体温とは、一般的に平熱が大人で35.5℃、こどもで36℃近くの状態をさします。

・低体温になると、なにか不都合があるのでしょうか。

・実は、免疫力は、体温が1度下がると30%低下するといわれています。

・というのも、免疫機能をつかさどる白血球(リンパ球)は、体温があがると増えるからです。

・風邪をひいて熱がでるのも、風邪のウィルスののせいではなく、身体が体温を上げて白血球(リンパ球)を増やし、ウィルスと戦うための免疫機能を強化しているからです。

・また、白血球を元気にして免疫力を向上させるといわれている、ビフィズス菌等の酵素も、深部体温が37度以下だと醗酵がうながされず、栄養素として十分に吸収されません。

・つまり、深部体温が37度以下の場合、いくらビフィズス菌をとっても、免疫力は改善しないことになります。

・また、低体温になると免疫機能の低下から、以下のような疾患になりやすいとされています。
頭痛・肩こり・イライラ・不眠・自律神経失調症・アトピー性皮膚炎・アレルギー・便秘・癌・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・婦人病・更年期障害

なぜ低体温になるの?

・現代人が低体温になったのは以下のような原因があるようです。

○空気の加工
-エアコン等で空気を加工した環境にながくいつづけることによって、体温調節機能が低下すると考えられます。
○不規則な生活
-夜更かしや、昼間に太陽にあたらない生活がつづくと、自律神経の機能が乱れてしまいます。
○乱れた食生活
-アイスや南国の果物等、体を冷やすたべものや飲み物を摂取しつづけることによって、低体温をまねきます。
○筋力の低下
-体温の40%は筋肉で産生されます。
-運動不足による筋力も低下は、低体温を招きます。
-特に下半身は全身の筋肉の約60%をしめており、重点的に動かすことが必要です。

低体温にならないためには?

○空気の加工
-エアコンの設定温度は、外気温との差を5-10度以内までに抑えましょう。
○不規則な生活
-早寝早起き、日中少しでもよいので太陽の光を浴びるようにしましょう。
○乱れた食生活
-根菜類等体をあたためる食べ物を積極的にたべましょう。
-特に寒いとき等、体をひやすような食べ物はさけましょう。
○筋力の低下
-ウォーキングや軽い運動を積極的に生活にとりいれましょう。
-筋力が不足しがちな女性は、腹巻等、体を冷やさない服装をこころがけましょう。
-半身浴等で身体を温めましょう。

病気を予防し、快適な生活をおくるためにも、積極的に身体をあたためるような生活をこころがけたいですね。

この本を読んで、小生も大好きなアイスを控えるようにしています。。。

ご予約

予約
tel
お問い合わせ

(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。


バックナンバーはこちら

▲ページトップに戻る

ページトップ