『食品添加物の光と影』 美健ガイド社


添加物

コメント:

このコラムを読んでいる皆さんは、健康や食生活には十分気をつけているものと思います。

食生活については、カロリー摂取量やビタミン・ミネラル等の微量栄養素に目がいきがちですが、意外と見落としがちなのが食品添加物

たとえば、「リン酸塩」という添加物があるのですが、このような目的で使用されています。

用途  主な効果 
ジュース類 変色防止、沈殿防止、味のコク出し、香りの保存、ペクチンの終了増大、ビタミンCの安定化 
炭酸飲料   ガスの保持、ビタミンCの分解防止、つやだし
缶詰一般  缶臭防止、缶の腐食防止、缶の黒変防止、風味の向上、アク抜き 
 ジャム 変色・変質の防止、粘度の安定化 
 しょうゆ  変色防止、味の調和、カビ発生の抑制、塩なれ
つくだ煮  味の調和、老化防止、つやの向上 
あん類  保存延長、てりの向上、もどり防止 
ソース  味の調和、塩なれ 
食酢  味の調和 
漬物類  味の調和、変色防止 
ナメコ  ヌメリの保持、鮮度保持 
ふ  焼き上げ色の向上、容積増大、すだち良好 
味噌  変色防止、塩なれ、豆の軟化、乾燥の防止 
豆腐  風味の向上、キメが細かくなり色が白くなる、豆乳が増加する 
アイスクリーム  硬・軟の調節、オーバーラン、気泡の保持力の増大、氷柱の防止 
コーヒー原料  着色度、抽出液量の増加 
清酒  風味の向上、こくの増加、白ぼけの調整 
雑種  アルコール刺激の緩和、風味増大、変色防止 
酸性の強い食品一般  変色・退色防止、品質の向上、pHの調整、漂白後の安定化、酸化防止等 
食肉製品  結着力の増大、歩留まり向上、変色・変質防止 
 ねり製品(凍結すり身) 凍結すり身の保水性の増加、肉の効果を抑制、タンバクの変性防止 
めん類  外観の向上、食味の向上、ゆで汁のにごりの減少、ゆで麺の歩留まりの向上 
チーズ  風味・組織・体質・色調等の向上、老化防止 

毒性そのものは低いため、このようにさまざまな用途で使われているリン酸塩ですが、実はミネラルを体外に排出してしまうという問題があるのです。

これだけ多様な食品に使われていると、どうしても体内に取り込まれるリン酸塩も増え、せっかく食品から摂取した、カルシウム、マグネシウム、亜鉛等の必須ミネラルが体外に排出されてしまうということですね。

したがって、食事で充分な必須ミネラルを摂取したつもりでも、結局は不足してしまっているわけです。

このように食生活の改善には、添加物の摂取についてもきちんと考えないといけないということになります。

この本によると、日本人が1年間に消費している添加物の量は国民一人当たり約7kgになるということです。

また、添加物一つでは害が少なくても、複数の添加物を組み合わせて使った場合の毒性ははっきりしていないということです。

業者側もそこまでのテストはもとめられていないようです。

また、添加物の表示の規制にも問題があります。

たとえば、2種類以上の化学調味料を使う場合「アミノ酸等」と一括表示することができるそうです。

コロッケやパン等の裸売りの商品/コーヒーフレッシュ等のパッケージが小さい商品等にも添加物の表示が免除されているということです。

一般的に添加物の摂取は本人だけでなく、子供や孫等の子孫にもリスクがかかります。

妊婦が誤った食事をすることで、胎児が将来的に生活習慣病になっているとする、成人病胎児期発生説が脚光を浴びています。

現代の食生活になくてはならない添加物。

安価でおいしく、腐りにくい商品を手に入れることはできますが、同時に健康のリスクも大きいのです。

いまのところ、なるべく添加物を摂取しない食生活を目指したほうが賢明なようです。

ご予約

予約
tel
お問い合わせ

(NEW)エキテンユーザーの方はこちらからもご予約いただけます。
netyoyaku

武蔵小杉駅・向河原駅からのアクセス

〒211-0011
  神奈川県川崎市中原区下沼部1760-4 ventvert(ヴァンヴェール)コスギ1Fの整体院

JR南武線 向河原駅より徒歩1分
JR横須賀線 武蔵小杉駅(新南口)より徒歩5分
東横線 武蔵小杉駅より徒歩13分

※駐輪場あります。
※駐車場はお隣のコインパーキングをご利用ください。


バックナンバーはこちら

▲ページトップに戻る

ページトップ